確定拠出年金_転職退職

確定拠出年金(401K)が給付されるのは下記のいずれかの場合に限られます。

①老齢給付金
②障害給付金
③死亡一時金
④脱退一時金

確定拠出年金(401K)はあくまで高齢期においての給付を受ける事が目的である為、60歳までは原則として掛金とその運用益は引き出せません。

確定拠出年金(401K)は、拠出された掛金が「個人」ごとに明確に区分され、掛金とその運用収益との合計額をもとに年金給付額が決定される年金制度です。

つまり確定拠出年金(401K)は「個人」の財産であり、転職・離職の際にも、自分の年金資産を自由に持ち運べるのです。具体的な退職する際の取扱いは、ケース毎に異なるので、以下説明します。

 

自営業者(国民年金の第1号被保険者)になる場合

自営業者(国民年金の第1号被保険者)になる場合は、個人型確定拠出年金(401K)の加入者または運用指図者になる事ができます。

1.個人型確定拠出年金(401K)の加入者になる

今まで積み立てている年金資産の運用+新たに毎月掛金を拠出することができます。月額上限は68,000円です。

2.個人型確定拠出年金(401K)の運用指図者になる

新たに掛金を拠出することなく、今まで積み立てている年金資産の運用のみを行います。

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

 

確定拠出年金(401K)を実施している企業に転職する場合

企業型確定拠出年金(401K)を実施している企業に転職した場合は、年金資産を移換して、引き続き企業型確定拠出年金(401K)の加入者となる事ができます。

1.厚生年金基金、確定給付企業年金、適格退職年金との併用がない

引き続き企業型確定拠出年金(401K)の加入者となり、毎月掛金を拠出します。月額上限は55,000円です。 

2.厚生年金基金、確定給付企業年金、適格退職年金との併用がある

引き続き企業型確定拠出年金(401K)の加入者となり、毎月掛金を拠出します。月額上限は27,500円です。 

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

 

企業型確定拠出年金(401K)を実施していない企業に転職する場合

企業型確定拠出年金(401K)を実施していない企業に転職する場合は、転職先の企業が他の企業年金制度(厚生年金基金・確定給付年金・適格退職年金)を実施しているかどうかによって、取扱いが異なります。

1.他の企業年金制度も実施していない企業に転職する場合

・個人型確定拠出年金(401K)の加入者になる
今まで積み立てている年金資産の運用+新たに毎月掛金を拠出します。月額上限は23,000円です。
  
・個人型確定拠出年金(401K)の運用指図者になる
今まで積み立てている年金資産の運用のみを行います。新たに毎月掛金を拠出する事はできません。

2.他の企業年金制度を実施している企業に転職する場合

・個人型確定拠出年金(401K)の運用指図者になる
今まで積み立てている年金資産の運用のみを行います。新たに毎月掛金を拠出する事はできません。

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

 

国民年金の第3号被保険者になる場合

例:会社員であった女性が、会社員である夫と結婚し、その後専業主婦

個人型確定拠出年金(401K)の運用指図者になる
新たに掛金を拠出することなく、今まで積み立てている年金資産の運用のみを行います。(平成29年法改正では個人型確定拠出年金への加入が可能となる見込みです。)

なお通算加入期間3年以下、または資産額50万円以下の場合は、60歳の老齢給付金を待たなくても、脱退一時金として受給可能です。

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

 

労務専門コラム デメリット検証編

>>①選択制確定拠出年金(401K)導入によって将来の公的年金は減る?
>>②選択制確定拠出年金(401K)のデメリット 傷病手当金・出産手当金
>>③選択制確定拠出年金(401K)のデメリット 失業給付
>>④私の資産は大丈夫?選択制確定拠出年金(401K) 関係機関の倒産
>>⑤加入者が死亡したときの確定拠出年金
>>⑥転職・退職 どうなる?私の確定拠出年金(401K) (今このページです)
>>このカテゴリ(デメリット検証編)のトップへ戻る

 

就業規則_人事労務相談_社会保険労務士_大阪

 

【この記事の執筆者】

井ノ上 剛(いのうえ ごう)
◆1975年生 奈良県立畝傍高校卒 / 同志社大学法学部卒
◆社会保険労務士、行政書士、奈良県橿原市議会議員
タスクマン合同法務事務所 代表
 〒542-0066 大阪市中央区瓦屋町3-7-3イースマイルビル
 (電話)06-7739-2538 
(投稿日時点の法制度に基づき執筆しています。)