選択制確定拠出年金_投資教育

確定拠出年金-老齢給付金の受給開始

1.老齢給付金は原則60歳から

確定拠出年金の加入者は、原則60歳から老齢給付金の給付を請求できます。

確定拠出年金は、あくまで高齢期においての給付を受ける事が目的でる為、60歳までは原則として掛金とその運用益を引き出せないのです。 

2.老齢給付金 加入期間は原則10年必要

60歳から老齢給付金を受給するためには、60歳時点での加入期間が10年ある事が必要です。60歳になった時点で加入期間が10年に満たない場合は、加入期間に応じて受給開始が遅れます。

選択制確定拠出年金_受給の遅れ

3.老齢給付金の給付請求

給付請求運営管理機関に請求します。70歳になっても請求しない場合は、全額、一時金として支給されます。  受給方法「年金」または「一時金」、もしくは「併給」で受け取ります。

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

 

確定拠出年金 障害給付金の受給開始

1.60歳未満でも障害給付金は受給可能

確定拠出年金の加入者が高度障害の状態になった時には、60歳未満でも、今までに拠出した掛金とその運用益を一時金または年金で受給可能です。

※高度障害者とは、障害基礎年金の年金証書等の所持者、または身体障害者手帳(1級から3級)、療育手帳(重度の者)、精神障害者保健福祉手帳1級または2級)の所持者のことです。

2.障害給付金の給付請求

給付請求運営管理機関に請求します。  受給方法「年金」または「一時金」、もしくは「併給」で受け取ります。

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

 

確定拠出年金 死亡一時金の受給開始

1.60歳未満でも死亡一時金は受給可能

確定拠出年金の加入者が、老齢給付金を受給する前に死亡した場合に、60歳未満の加入者であったとしても、遺族は今まで拠出してきた掛金とその運用益を死亡一時金として一括で受給する事ができます。

2.死亡一時金の給付請求

給付請求遺族が運営管理機関に請求します。  受給方法「一時金」で受け取ります。

3.死亡一時金を受け取る「遺族」とは?

死亡一時金を受けることができる遺族は次の通りです。

①配偶者
②子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹であって死亡した者の死亡の当時主としてその収入によって生計を維持していたもの
③前号に掲げる者のほか、死亡した者の死亡の当時主としてその収入によって生計を維持していた親族
④子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹であって②に該当しないもの

※配偶者には、内縁の妻も含まれます。
ただし、死亡した者が、死亡する前に、配偶者、子、父母、孫、祖父母又は兄弟姉妹のうちから死亡一時金を受ける者を指定してその旨を企業型記録関連運営管理機関等に対して表示したときは、その方が受給します。

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

 

確定拠出年金 脱退一時金の受給開始

1.短期離職者、少額運用者

短期に離職した方や、資産の残高が15,000円以下の場合には脱退一時金の受け取りが可能です。

・資産額が15,000円以下
・退職から6ヶ月以内
・企業型確定拠出年金、個人型確定拠出年金の加入者でも運用指図者でもない

2.個人型確定拠出年金に加入できない方

個人型確定拠出年金に加入したくてもできない方は、以下の以下の条件を全て満たせば脱退一時金受取りの請求ができます。

・60歳未満
・企業型確定拠出年金の加入者でない
・個人型確定拠出年金の加入者になれない(現制度下では公務員、企業年金のある会社員、専業主婦、非居住者など)
・障害給付金の受給権者でない
・掛金を拠出していた期間が3年以下または資産額が50万円以下

※平成29年法改正で、個人型確定拠出年金の加入対象者は拡大する見込みです)

3.その他の方(平成26年改正)

・個人型確定拠出年金の加入要件を満たす
・企業型確定拠出年金加入者であった人が、直接個人型確定拠出年金の運用指図者となって2年経過
・障害給付金の受給権者でない
・掛金を拠出していた期間が3年以下または資産額が25万円以下

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

 

労務専門コラム 選択制確定拠出年金運営編

>>①転職先も確定拠出年金を導入している場合はどうなる?
>>②選択制確定拠出年金(401K)とマッチング拠出の違い
>>③公務員へ転職する場合の確定拠出年金(401K)
>>④選択制確定拠出年金(401K)の掛金は?
>>⑤確定拠出年金はいつ受給できる?(今このページです)
>>⑥選択制確定拠出年金(401K)の加入者要件
>>⑦役員も選択制確定拠出年金(401K)に加入できるのか?
>>⑧確定拠出年金(401K)の運用商品を知ろう!
>>⑨確定拠出年金(401K)導入急増
>>このカテゴリ(選択制確定拠出年金運営編)のトップへ戻る

 

就業規則_人事労務相談_社会保険労務士_大阪

 

【この記事の執筆者】

井ノ上 剛(いのうえ ごう)
◆1975年生 奈良県立畝傍高校卒 / 同志社大学法学部卒
◆社会保険労務士、行政書士、奈良県橿原市議会議員
タスクマン合同法務事務所 代表
 〒542-0066 大阪市中央区瓦屋町3-7-3イースマイルビル
 (電話)06-7739-2538 
(投稿日時点の法制度に基づき執筆しています。)