労働時間は規則・契約では定義されるか?

使用者と労働者

1.労働の準備は労働時間か?

M社に勤務する労働者Aは、労働の準備のための着替え、資材の受け出し、散水などの行為が労働時間に当たるとして、M社を提訴。

最高裁は上記の時間が労働時間に当たるとして、割増賃金の支払いを命じました。

2.労働時間は使用者の指揮命令下にあるかどうかが鍵

三菱重工長崎造船所事件
最高裁 平成12年3月9日第一小法廷判決

最高裁の判決要旨は次のとおりです。

労働基準法の労働時間に限って考えると、
②「労働時間」とは労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間を言い、
③労働契約・労働協約・就業規則で決定されるものではない
④規則等により労働前の準備が義務付けられていても、
⑤本件準備時間は労働時間である

3.労働時間の問題に基準を示す

判決はこれまでの「労働時間とは何か」という問題に対して、基準を示しています。

労働契約・労働協約・就業規則で決定する性質のものではないという論点がポイントですね。

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

仮眠時間も労働時間に該当?

使用者と労働者

1.仮眠中の賃金請求権

D社に勤務する労働者Aは、深夜勤務における仮眠中の賃金を求めて提訴。

D社では泊まり勤務手当と実働発生時の手当てを支給していました。最高裁は、既払いの手当以上の賃金請求権は否定しつつも、割増賃金の支払いを命じました。

2.仮眠時間も労働時間

大星ビル管理事件
最高裁 平成14年2月28日第一小法廷判決

最高裁の判決要旨は次のとおりです。

①労働時間は労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間を言い、
②不活動仮眠時間であっても労働からの解放が補償されていない場合、
③それは労働時間である

3.労働からの解放があるかどうか

本件判決により、休憩時間と労働時間の判断は明確になりました。つまり、外見上は休憩しているようであっても、労働からの完全な解放がない場合は労働時間であると判断されます。

「解放」という表現がいささか腑に落ちませんが・・・。

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

待機時間も労働時間に該当?

使用者と労働者

1.マンション住込み管理人の労働時間

マンションの住み込み管理人である労働者A夫婦は、O社との労働契約上、所定労働時間外においても、一定の範囲でO社の指揮命令下にありました。

A夫婦はO社を相手取り、所定労働時間外の賃金を求めて提訴。裁判所は、O社に一定の範囲で割増賃金の支払いを命じつつも、Aの請求を一部退けました。

2.日・時間帯による労働時間性の判定

大林ファシリティーズ事件
最高裁 平成19年10月19日第二小法廷判決

最高裁の判決要旨は次のとおりです。

①A夫婦は所定労働時間外においても、住民対応をしていた
②住民は当該時間帯もAの対応を期待し、
③A夫婦は事実上待機せざるを得ない状況に置かれていた
④O社との業務報告体制を考慮すると、O社の黙示の指示があったと言える
⑤しかし土曜日は1人体制で勤務することに労使が合意し、
⑥その業務量等を勘案しても1名のみが労働していたと考えるべきである
⑦日・祝日は現実に労働した時間に限り、労働していたと考えるべきである
⑧通院や犬の運動中の時間は、A夫婦がO社の指揮命令下にあるとは言えない

3.私的な時間は労働時間から除外

最高裁の判決により、不活動時間帯における労働時間についての考え方が明確になりました。

プライベートな時間利用が出来る時間帯において、労働時間性を否定した点などが新たな論点であると言えます。

 

なお、マンションやビルの管理人業務は、労働基準法上、監視・断続的労働と呼ばれ、労働基準監督署の許可を得て労働時間についての法規制を外すことが出来ます。

【労働時間等に関する規定の適用除外】

労働基準法 第41条
この章、第六章及び第六章の二で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。
監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの

大阪の社会保険労務士_就業規則・社労士顧問ページ

 

労務専門コラム 残業代・労働時間・休日編

>>①労働時間とはいったい何か? (今このページです)
>>②残業代(時間外労働手当)の支払い義務の全貌
>>③変型労働、みなし労働と残業の関係
>>④36条協定・管理者・歩合の残業問題
>>⑤専門業務型・企画業務型裁量労働、フレックス制と残業代
>>⑥有給休暇の時季指定と変更
>>このカテゴリ(残業代・労働時間・休日編)のトップへ戻る

 

事務所へのお問合せ

 

【この記事の執筆者】

井ノ上 剛(いのうえ ごう)
◆1975年生 奈良県立畝傍高校卒 / 同志社大学法学部卒
◆社会保険労務士、行政書士、奈良県橿原市議会議員
タスクマン合同法務事務所 代表
 〒542-0066 大阪市中央区瓦屋町3-7-3イースマイルビル
 (電話)06-7739-2538 
(投稿日時点の法制度に基づき執筆しています。)