就業規則・社員教育・助成金申請のご相談は社会保険労務士へ 大阪 兵庫 京都 奈良

労務専門コラム

  • HOME »
  • 労務専門コラム

1か月単位の変形労働時間制と残業問題

業務量が季節、月、週によって変動する事業所では、変形労働時間制の導入が効果的です。このコラムでは1か月単位の変形労働時間制を解説します。

変形労働時間制

①解雇の取扱いを労働基準法・労働契約法で考える

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】解雇・懲戒処分編「①解雇の取扱いを労働基準法・労働契約法で考える」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。解雇判例を読み解く上での基本知識を解説。

②職場外の行為、過去の事件に対する懲戒は可能?

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】残業代・労働時間・休日編「②職場外の行為、過去の事件に対する懲戒は可能?」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。解雇を行う上での非違行為について解説。

③学歴詐称・政治活動・内部告発・所持品検査拒否と懲戒

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】残業代・労働時間・休日編「③学歴詐称・政治活動・内部告発・所持品検査拒否と懲戒」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。企業側の解雇権のベースとなる考え方。

④転勤・職種異動・出向・転籍命令の拒否

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】残業代・労働時間・休日編「④転勤・職種異動・出向・転籍命令の拒否」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。企業が持つ人事裁量権とその限界について解説。

⑤合意退職または予告なき解雇の成立時期、不当な退職勧奨

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】残業代・労働時間・休日編「⑤合意退職または予告なき解雇の成立時期、不当な退職勧奨」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。解雇の効力が成立する時期について。

⑥解雇権濫用法理とは何か?

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】残業代・労働時間・休日編「⑥解雇権濫用法理とは何か?」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。労働契約法で規定される解雇権の濫用法理について解説。

⑦整理解雇が成立するための要件

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】残業代・労働時間・休日編「⑦整理解雇が成立するための要件」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。企業が業績不振で整理解雇を行うときの法的基準。

⑧有期雇用契約と解雇権の行使

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】残業代・労働時間・休日編「⑧有期雇用契約と解雇権の行使」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。有期雇用契約に関する雇い止めの問題点を中心に解説。

⑨セクハラ懲戒処分 妥当判決

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】残業代・労働時間・休日編「⑨セクハラ懲戒処分 妥当判決」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。大阪市の人気施設、海遊館で発生したセクハラ訴訟を解説。

①就業規則の基礎解説

大阪の社会保険労務士。就業規則の基礎知識を解説します。どのような時に就業規則の届出義務が生じるか。また事業所が複数ある場合やパート社員が含まれる場合は?有効な就業規則の前提となる、意見聴取・届出・周知の注意点も詳しく解説します。

②36条協定(サブロク協定)の基礎解説

大阪の社会保険労務士。36条協定(サブロク協定)の基礎知識を解説します。労働基準法で定められる法定労働時間、法定休日の制限を超える労働が生じると、法違反により罰せられます。36条協定(サブロク協定)にはその罰則を免除する効果があります。

③年次有給休暇の基礎解説

大阪の社会保険労務士。年次有給休暇の基礎知識を解説します。年次有給休暇の制度が曖昧な企業は是非、年次有給休暇の計画的付与の項目をご参照ください。事業所の休業日を過度に増やさず、年次有給休暇の消化率を向上させるヒントを記載しています。

④割増賃金の基礎解説

大阪の社会保険労務士。割増賃金の基礎知識を解説します。時間外労働、休日労働、深夜労働で割増賃金の支払いが増大している場合、1箇月(1年)単位の変形労働時間制の導入が効果的です。その際の割増賃金の計算方法も詳しく解説しています。

⑤解雇の基礎解説

大阪の社会保険労務士。解雇の基礎知識を解説します。解雇制限に関する労働基準法と労働契約法の違い、解雇予告・解雇予告手当の支払い義務について。解雇予告・解雇予告手当が適用されない除外要件を知ることは労務管理上、非常に重要な事項です。

⑥就業規則は個別労働契約にどう影響する?

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】就業規則編「①就業規則は個別労働契約にどう影響する?」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。個々の住魚員との労働契約と、全社員を拘束する就業規則の関係性とは?

⑦就業規則の変更で労働条件を不利益変更

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】就業規則編「②就業規則の変更で労働条件を不利益変更」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。個別労働契約を変更することなく、就業規則によって労働契約を変更できるか?

⑧従業員に対する損害賠償請求、会社に対する発明の対価請求

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】就業規則編「③従業員に対する損害賠償請求、会社に対する発明の対価請求」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。

⑨セクハラ・パワハラの指針判例

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】就業規則編「④セクハラ・パワハラの指針判例」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。昨今のセクハラ・パワハラ問題のきっかけとなった判例を紹介。

⑩労働者のプライバシー保護はどこまで?

【社会保険労務士による人事労務専門コラム】就業規則編「⑤労働者のプライバシー保護はどこまで?」大阪市で社会保険労務士顧問サービスを提供するタスクマン合同法務事務所が提供。従業員が本来持つプライバシー件、人格権と会社がもつ監視権、管理権のバランスを解説。

1 2 »
PAGETOP